平成30年9月21日(金)~9月30日(日)までの10日間は
『秋の交通安全運動』の実施期間です。

この運動は、県民一人ひとりが交通ルールを守り正しい交通マナーを実践することにより、交通事故を防止することを目的としています。
秋の交通安全県民運動 南福岡自動車学校2018
写真は、渡邊絢加インストラクターに協力してもらいました!



今回の秋の交通安全県民運動では、以下の4項目に重点を置いています。

1.子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
2.飲酒運転の撲滅
3.夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
4.全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

 

~横断歩道マナーアップ運動「夜間のマナーアップ」~

運転者の皆さま
『早めのライト点灯』
夕暮れ時や雨天時など、見通しが悪い時には、車は早めにライトを点灯しましょう。
郊外など暗い夜道は、ハイビーム走行を!

歩行者の皆さま
『反射材の着用』
夜間、外出する歩行者は、運転手に気づいてもらえるよう反射材を着用しましょう。

自転車利用者の皆さま
『自転車も早めのライト点灯』
自転車も早めにライトを点灯するとともに、反射材を着用するなど、自分の存在を周囲に知らせましょう。


そして昨日は、基山パーキングエリアで行われた『高速道路交通安全キャンペーン』に参加してきました。
基山パーキングエリアで行われた高速道路交通安全キャンペーンにミナミも参加しました

このキャンペーンでは、飲酒運転の撲滅、車間距離を守る運動、すべての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用及び交通モラル・マナー回復などを呼びかけました。



一人一人が交通ルールを守り、正しい交通マナーを実践することにより、
交通事故は確実に減らすことができます。
ドライバーはもちろん、歩行者も自転車利用者も皆さん全員が、
交通事故をおこさない、また交通事故に遭わないよう安全な行動を心がけて、事故防止に努めましょう!