皆さん、こんにちは!

梅雨に入りましたね。
しばらくはジメジメした日が続きそうです。

 

気温もだんだん高くなり
服装が変わる時期でもあると思うのですが、
皆さんに気を付けてほしいのは技能教習時(運転の授業)の靴についてです!

 


運転操作をスムーズに行えないおそれのある靴では、
技能教習を受けることができません。

例えば雨の日や暑い日など
レインブーツやサンダル等をうっかり履いてきてしまうと
せっかく学校に来てくださっても教習がキャンセルとなり
キャンセル料が発生してしまいます。

【教習に適さない靴の例】
・脱げやすい、底が滑りやすいデザインの靴
・かかとが安定しない靴など
(サンダル・ミュール・クロックス・げた・スリッパなど)

・ヒールの高い靴など
(シークレットのシューズで傾斜がついているものも含みます)

・その他、当校で運転に適さないと判断したもの

 

・運転操作がスムーズに行えるもの
・雨の日でも滑らない靴底にグリップ力があるもの
・靴底に段差が少なくできるだけ平ら、面積が広いもの
かかと浮きがなく適度なホールド力があるもの

簡単に言うと
上記に当てはまる運動靴、ローファーなどです

 

服装に関連して、2輪車ご受講中の皆さんは

・ヘルメット・長袖・長ズボン・手袋・靴下 等、
肌を露出させないような服装で技能教習に臨んでください。


バイクで転倒時に擦りむいたり
もっと大きなケガを防ぐためです。

暑くジメジメすることもあると思います。
適度な水分補給をよろしくお願いいたします。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

これからの安全運転の為にも大切なことなので、
是非ご確認ください!!