2日間でドローンの国土交通省認定資格が講習料金:88,000円(税込)で取得できます。2日間でドローンの国土交通省認定資格が講習料金:88,000円(税込)で取得できます。

カンタン5分でお申し込み ドローン講習に申し込むカンタン5分でお申し込み ドローン講習に申し込む
分からないことがあったらお気軽に お問い合わせ分からないことがあったらお気軽に お問い合わせ

ドローン操縦に関する基本操作から
関係法令の知識まで短時間で習得できます

ドローン操縦に関する基本操作から関係法令の知識まで短時間で習得できます
ドローン検定3級(無人航空従事者試験3級)が取得できます。

ドローン検定は、ドローン従事者の知識レベルを客観的に評価する試験で、
資質の向上と理解を広めることを目的としています。その検定の基礎である3級の資格を取得できます。

ドローン操縦や申請に必要な基礎知識と関係法令の知識を得られます。

ドローンを飛ばす上で必要な操縦方法や機体に関する知識、ドローンの飛行原理や気象、航空法、電波法、
小型無人機等飛行禁止法などの関係法令を学習します

ドローンの飛行申請時に必要な飛行履歴10時間を保管、公式ログに登録できます。

飛行申請を国土交通省に提出する際に必要な、飛行履歴10時間をドローン検定協会公式ログに登録できます。
ドローン検定協会は国土交通省の管理団体ですので、仕事でドローンを使用する際の信用性を高く保証できます。

国土交通省管理団体「ドローン検定協会」公認の基礎技能証明書を発行します。

実技講習10時間の飛行訓練を修了した証明書を得ることができます。

ドローン検定協会とは?

無人航空機を取り扱う従事者の知識レベルを客観的に評価し、その資質向上と周囲の方への理解を広めることを目的として無人航空従事者試験(ドローン検定)を実施している団体。国土交通省の管理団体として全国各地の講習団体「ドローン教習所」を展開、管理する。ドローン検定協会が実施する無人航空従事者試験は、延べ受験申込者数が1万人を超えており、業界No,1の実績です。
(※市場調査会社テフコの調査に基づく結果)。

短時間でドローンの基礎的な技術、知識が身につく理由

ドローン教習所の講習ではなぜ短時間で基礎的な技術や知識が身につくのか、その理由をご紹介します。

南福岡自動車学校を母体としていて“未経験の方に教えること”が得意です

ドローン教習所は福岡県大野城市にある南福岡自動車学校を母体としています。
1962年の設立から自動車運転免許の講習をおこなってきました。その長い歴史で講習生に分かりやすく教えるノウハウを蓄積しています。

実技講習は、受講生の方の習得度に合わせて講習を進めます

実技講習は一律で講習を進めると受講生の方によって習得度に差が出てしまいます。
当校では受講生の実技の習得度によって実技講習を進めますので、自分に合った進め方で技術を習得できます。

教材はドローン検定公式のテキストを使用します

講習で使用する教材はドローン検定協会公式の教科書を使用します。テキストの内容をそのまま進めるのではなく、
初めてでも理解しやすいように教える順序を変え、動画やパワーポイントを使用するなどの工夫をしています。

講習の様子

座学講習

座学講習

ドローンを飛ばす上で必要な航空法や電波法など関係法令、ドローンの機体や作りに関する知識、気象や力学などの知識を得ます。

シミュレータ講習(実技)

シミュレータ講習(実技)

基礎的な操作から危険を伴う訓練も、安全に実施可能。バッテリーの充電を気にせずに訓練できます。国土交通省申請の訓練時間にも含まれます。

実機講習(実技)

実機講習(実技)

天候等に左右されることのない室内にて実機で訓練を行います。GPSが効かない状況で、国土交通省が定める内容を実施します。

資格新規取得者向け
ドローン基礎講習 概要

座学講習+実技講習の受講

¥88,000(税込)

スケジュール・持参物

時 間 9:00〜18:00(休憩1時間)×2日間
持参物 受講料金・筆記用具・昼食

取得できる資格:
無人航空従事者試験3級(通称:ドローン検定3級)+基礎技能講習修了認定書(国交省申請対応)

ドローン検定3級(座学講習)

講習内容

基礎知識 & 関係法令

航空法や電波法など、ドローンを飛ばす上で知っておくべき法令を学びます。

ドローン操縦士基礎講習(実技講習)

ドローン検定協会認定の基礎技能講習修了認定書を発行します。

講習内容

航空法で禁止されている人口集中地区の上空での飛行・人や物との30m未満の飛行の許可を得るための訓練及び許可申請方法について講習を実施します。

シミュレータ講習(実技)

シミュレータで基礎的な操作を学びます。
国土交通省申請の訓練時間にも含まれます。

実機講習(実技)

室内にて実機で訓練を行います。
GPSが効かない状況で国土交通省が定める内容を実施します。

ドローン検定4級以上取得済みの方
ドローン操縦士基礎講習
(技能のみ)

実技講習のみの受講¥66,000(税込)

スケジュール

1日目 13:00〜18:00  2日目 9:00〜18:00

基礎講習ご受講の方のみ
ドローン応用講習
基礎講習と併せて
2日間で受講も可能です。

応用講習A
目視外飛行・夜間飛行

座学講習+実技講習の受講

¥33,000(税込)

スケジュール・持参物

時間
座学1時間 実機2時間
持参物
無人航空従事者資格者証・筆記用具

講習内容

航空法で禁止されている目視外飛行、夜間飛行の許可を得るための訓練及び飛行時の注意点や許可申請方法について講習を実施します。

目視外飛行:ドローンのカメラを使用しての飛行訓練を行います。
夜間飛行:夜間を想定した状態での飛行訓練を行います。
【活用事例】空撮、点検等

応用講習B
物件投下・危険物輸送

座学講習+実技講習の受講

¥33,000(税込)

スケジュール・持参物

時間
座学1時間 実機1時間
持参物
無人航空従事者資格者証・筆記用具

講習内容

航空法で禁止されている物件の投下、危険物輸送の許可を得るための訓練及び飛行時の注意点や許可申請方法について講習を実施します。
【活用事例】農薬散布等

応用講習C
空港等周辺・高さ150m以上の空域・イベント上空の飛行

座学講習

¥22,000(税込)

スケジュール・持参物

時間
座学2時間
持参物
無人航空従事者資格者証・筆記用具

講習内容

航空法で禁止されているイベント上空・空港等周辺・高さ150m以上の飛行について許可を得るために必要な知識や許可申請方法について座学講習を実施します。

カンタン5分でお申し込み ドローン講習に申し込むカンタン5分でお申し込み ドローン講習に申し込む
分からないことがあったらお気軽に お問い合わせ分からないことがあったらお気軽に お問い合わせ

受講日カレンダー

公式twitter

九州電力様もドローン教習所福岡校で受講されています

ドローン検定3級は認定者数業界ナンバー1!

ドローン検定協会が実施する無人航空従事者試験は延べ受験申込者数が2万人を突破しています。
調査機関テフコの調査によると、2018年6月1日付で国土交通省航空局ホームページに掲載された無人航空機関連の講習団体に対して延べ認定者数の調査を行いました。その結果、ドローン検定協会による認定者数がドローンの資格として業界で1位であることが確認 されました。

2017年の開校以来500名を超える方が受講しています

講習開始以来定期的に講習を行い、講習内容も工夫を重ねていて、受講者の満足度も向上しています。
講習には福岡だけではなく、北は山口、南は鹿児島から、下は17歳から上は75歳まで幅広い方々がお越しになります。
また、2018年の講習後のアンケートの約90%が講習内容に満足いただいております。

九州電力様も受講されています

災害時の被災状況の確認や施設設備の点検、空撮サービスの展開などでドローン活用を検討している九州電力様での講習を行いました。
これまで100名を超える社員様に座学講習やシミュレータ、実機を使用しての実技講習を行い、知識や技術を習得いただきました。

九州電力様ドローン講習の様子1
九州電力様ドローン講習の様子2
九州電力様ドローン講習の様子3

企業様・団体様向け出張講習も可能です

受講人数や開催場所環境によって出張型のオーダーメイド講習も実施が可能です。 こちらの講習は主に企業様や団体様を対象として講習を行なっています。

ご興味をお持ちの方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ドローン教習所で受講された方の声

ドローン教習所で受講された方の声

仕事や趣味で飛ばしてみたいと思って受講しました。
故障やGPSが切れた時など緊急時の対応も教えてもらえました。

本田浩様 51歳 男性

ドローンをやってみようと思ったきっかけや目的

仕事で空撮が必要だったから、また趣味の登山などで飛ばしてみたいと思ったからです。
ラジコンや自動車の運転に憧れる感じでドローンも飛ばしてみたいと思った。

ドローンの学校に通おうと思った理由

仕事で使用する(建築の点検)ためです。
ドローンを飛ばすには資格が必要だと思っていたので、学校に通わなければいけないと思っていました。

ドローンの学校を選ぶ際に、重視した点や検討した点

はじめは他の学校に行こうと思っていたのですが、偶然訪問した日にそこが閉まっていたため調べたところ、 ドローン教習所福岡校をたまたま見つけました。母体が自動車学校で大きいので、安心して受講できると思い、入校を決めました。

講習を受ける前に気になっていたことや疑問点

実機訓練の試験内容の難易度が高いのか、合格できるか不安がありました。

実際に講習を受けてみてよかった点
ドローンの操作方法が知ることができたことです。
ローター故障やGPSが切れた時などの緊急時の対応の仕方まで教えてもらったのもよかったです。
実際に講習を受けてみてよかった点
ドローンの操作方法が知ることができたことです。
ローター故障やGPSが切れた時などの緊急時の対応の仕方まで教えてもらったのもよかったです。
その他、ドローン講習を受けてみて感じたこと

丁寧に教えてもらえてよかったです。シミュレータの練習がわかりやすかったです。

ドローン教習所で受講された方の声

料金が他と比べて安かったことが理由です。
内容についていけるか不安だったのですが、気にすることなく受講することができました。

T.I様 男性 サービス業

ドローンをやってみようと思ったきっかけや目的

もともと興味があり、知人から教えてもらってやってみようと思いました。仕事でのニーズもあるためです。

ドローンの学校に通おうと思った理由

ドローンに関する不安や疑問を解消するため、きちんと勉強したいと思ったからです。

ドローンの学校を選ぶ際に、重視した点や検討した点

いろんなドローンスクールのホームページを調べたところ、料金が他と比べて安かったことが理由です。場所も通いやすいと思いました。

講習を受ける前に気になっていたことや疑問点

内容についていけるか不安だったのですが、気にすることなく受講することができました。

実際に講習を受けてみてよかった点

施設が充実していて、清潔感があって良かったです。講師の言葉遣いが丁寧でした。

ドローン教習所で受講された方の声

他校の金額が高いためこちらで講習を受けて、
余ったお金でドローンを買う方が良いと思った。

K.Y様 男性 公務員(土木系)

ドローンをやってみようと思ったきっかけや目的

測量の知り合いでドローン空撮に関することを名刺に書いている人がいて気になり、撮影風景を見に行った時に興味を持ったことがきっかけです。自分の仕事にも使えそうだと思いました。

ドローンの学校に通おうと思った理由

調べたら個人でも国土交通省への申請はできるとわかっていましたが、学校に通った方が申請の助けになると思いました。技術面や知識面も深めたいことも理由の一つです。

ドローンの学校を選ぶ際に、重視した点や検討した点
  • 室内でできること。手軽にできて、天候などに左右されないため予定が立てやすい。
  • 自宅から通いやすい
  • 料金が安価なところ。(学校によっては、受講料金でドローンが買えてしまうところもある。)
  • 同じ金額なら、講習も受けられてドローンも買える方が良いと思った。
  • 学校が国土交通省の認定団体かどうか。せっかく学ぶなら認定があるところの方がいい。
  • どの飛行形態に対応しているのか(※当校は「人又は家屋の密集している地域の上空」「人又は物件と30mの距離が確保できない飛行」に対応しています。他校はどちらか一方にしか対応していないところもあるようです。)
講習を受ける前に気になっていたことや疑問点

(普段、ゲームをしないので)シミュレータの練習が自分に合っているのか、できるかどうかが不安でした。

実際に講習を受けてみてよかった点

緊急時への対応を体感できたのはよかったです。また、実機訓練でいろんな機種が体験できました。それぞれの機体の特性を自分で操作しながら掴めたのがよかったです。

その他、ドローン講習を受けてみて感じたこと

今度は実際に外で飛ばしてみたいです。または外で飛んでいる様子を見たいです。

「ドローンに興味があるけど、何から勉強していいか分からない」
という方は受講ください

16 時間の短時間講習で取得が可能

国が必要とするドローン操縦の知識と技術を指導のプロが分かりやすく丁寧に教えます。
事前の知識がなくてもスキルが身につく環境が整っているため、短時間でも効率的な講習が可能です。

講習枠が限られているため、お早めにお申し込みください

ドローン講習枠は限られているためすぐに埋まってしまいます。お早めにお申し込みください。

室内講習施設で天候の影響がありません

当校のドローン講習は室内で行いますので天候による順延などの影響がありません。
空調の効いた室内で安心して講習に集中することができます。

受講料金に教材、ドローンの機体使用料、ライセンス発行料も含みます

受講料金には教材費、ドローンの機体使用料、ライセンス発行料が含まれています。そのほかの費用は必要ありません。
受講料と筆記用具のみご持参の上、受講ください。

交通機関からのアクセス良好、駐車場も完備しています

ドローン教習所がある南福岡自動車学校は交通機関からのアクセスがよく、西鉄電車をご利用の場合は下大利駅から徒歩10分、JRをご利用の場合は鹿児島本線水城駅から徒歩2分。駐車場も完備しているので、お車での通学もできます。

資格新規取得者向け
ドローン基礎講習 概要

座学講習+実技講習の受講

¥88,000(税込)

スケジュール・持参物

時 間 9:00〜18:00(休憩1時間)×2日間
持参物 受講料金・筆記用具・昼食

取得できる資格:
無人航空従事者試験3級(通称:ドローン検定3級)+基礎技能講習修了認定書(国交省申請対応)

ドローン検定3級(座学講習)

講習内容

基礎知識 & 関係法令

航空法や電波法など、ドローンを飛ばす上で知っておくべき法令を学びます。

ドローン操縦士基礎講習(実技講習)

ドローン検定協会認定の基礎技能講習修了認定書を発行します。

講習内容

航空法で禁止されている人口集中地区の上空での飛行・人や物との30m未満の飛行の許可を得るための訓練及び許可申請方法について講習を実施します。

シミュレータ講習(実技)

シミュレータで基礎的な操作を学びます。
国土交通省申請の訓練時間にも含まれます。

実機講習(実技)

室内にて実機で訓練を行います。
GPSが効かない状況で国土交通省が定める内容を実施します。

ドローン検定4級以上取得済みの方 ドローン操縦士基礎講習
(技能のみ)

実技講習のみの受講¥66,000(税込)

スケジュール

1日目 13:00〜18:00  2日目 9:00〜18:00

基礎講習ご受講の方のみ
ドローン応用講習
基礎講習と併せて
2日間で受講も可能です。

応用講習A
目視外飛行・夜間飛行

座学講習+実技講習の受講

¥33,000(税込)

スケジュール・持参物

時間
座学1時間 実機2時間
持参物
無人航空従事者資格者証・筆記用具

講習内容

航空法で禁止されている目視外飛行、夜間飛行の許可を得るための訓練及び飛行時の注意点や許可申請方法について講習を実施します。

目視外飛行:ドローンのカメラを使用しての飛行訓練を行います。
夜間飛行:夜間を想定した状態での飛行訓練を行います。
【活用事例】空撮、点検等

応用講習B
物件投下・危険物輸送

座学講習+実技講習の受講

¥33,000(税込)

スケジュール・持参物

時間
座学1時間 実機1時間
持参物
無人航空従事者資格者証・筆記用具

講習内容

航空法で禁止されている物件の投下、危険物輸送の許可を得るための訓練及び飛行時の注意点や許可申請方法について講習を実施します。
【活用事例】農薬散布等

応用講習C
空港等周辺・高さ150m以上の空域・イベント上空の飛行

座学講習

¥22,000(税込)

スケジュール・持参物

時間
座学2時間
持参物
無人航空従事者資格者証・筆記用具

講習内容

航空法で禁止されているイベント上空・空港等周辺・高さ150m以上の飛行について許可を得るために必要な知識や許可申請方法について座学講習を実施します。

カンタン5分でお申し込み ドローン講習に申し込むカンタン5分でお申し込み ドローン講習に申し込む
分からないことがあったらお気軽に お問い合わせ分からないことがあったらお気軽に お問い合わせ

受講日カレンダー

公式twitter