電動ミニカー

最⾼時速20kmの電動ミニカーを販売します

⾼齢者の交通事故を減らすために、最⾼時速20kmの安全な電動ミニカーを2021年10⽉12⽇より販売致します。⾃動⾞学校が安全運転の指導とセットで新しいパーソナルモビリティを提供することで、コロナを回避し、環境にも優しく、⾼齢者がより安⼼、安全、安価に移動することができます。

安全な電動ミニカーを販売する背景

株式会社南福岡⾃動⾞学校では、毎年約5,000⼈の⾼齢者講習を⾏っています。講習を⾏う指導員の⽬から⾒ると、⾃動⾞の運転は危険だなという⾼齢者もいらっしゃいます。しかし、⾼齢者にとっては⾃動⾞は⽣活の⾜としてなくてはならないものです。調査したところ、⾼齢者の移動の⽬的の⼤半は、スーパー、コンビニ、病院等であり、そのほとんどが歩いて20分以内の距離にありますが、その⼤半を⾃分で運転する⾃動⾞で移動しています。つまり、体⼒の衰えや荷物等により、歩いて⾏くことは難しいですが、⾃動⾞を使う必要もなく、荷物もスーパーの買い物袋などが運べれば良いという移動が多いと⾔えます。とはいえ現状では、⾃動⾞しか移動⼿段がない、というのが実態です。
⼀⽅、池袋の⺟⼦死亡事故のような痛ましい交通事故など、⾼齢者の運転による事故の割合は年々増えています。そこで、⾃動⾞に変わる新しいモビリティを、⾃動⾞学校が安全運転を指導しながら普及させることで、⾼齢者の交通事故を減らし、より安全な社会の実現への⼀翼を担えるのではと考え、この度、電動ミニカーを販売するに⾄りました。
電動ミニカーのため環境にもやさしく、また、新型コロナウイルスによって公共交通機関が不安でおうち時間が増えたという⽅にも、パーソナルモビリティを活⽤することで三密を回避しながら移動することができます。

製品概要

株式会社南福岡⾃動⾞学校では、この度、株式会社アクセスが製造する電動3輪ミニカー「シルド」、屋根付きの「シルド Roof」、電動4輪ミニカー「シルドLX4W」、屋根付きの「シルドLX4W Roof」を販売します。


●特徴

・最⾼速度は15km/hまたは20km/hで、ゆっくり安全に⾛⾏できます。
・アクセルを戻すと電磁ブレーキが作動し、減速して⽌まるので安全です。
・バック(後進)時の最⾼速度は7km/hなので、スピードが出過ぎる⼼配がありません。
・ミニカーなので、⾞検・⾞庫証明・ヘルメットが不要です。ただし普通⾃動⾞免許が必要となります。
・お住まいの市町村に届出するだけで、簡単にナンバーが取得できます(⾃賠責保険の加⼊が必要です)。
・満充電までにかかる電気代は約20円で、40kmも⾛⾏できます。


主要諸元【シルド】【シルド Roof】

・全⻑/⾞幅/全⾼:1,530/680/1,000mm(シルド)、1,570/680/1,680mm(シルド Roof)
・本体重量(バッテリー含む):97kg(シルド・鉛電池モデル)、78kg(シルド・リチウム電池モデル)、113kg(シルド Roof・鉛電池モデル)、94kg(シルド Roof・リチウム電池モデル)
・積載重量(貨物):30kg(シルド)、90kg(シルド Roof)
・最⼤乗⾞重量+貨物:115kg(シルド)、175kg(シルド Roof)
・最⾼速度:20km/h(⾼速モード)、15km/h(低速モード)
・⼀充電⾛⾏距離:40km
・バッテリー寿命:約300回(鉛電池モデル)、約600回(リチウム電池モデル)
・フル充電時間:約6〜8時間(鉛電池モデル)、約4〜6時間(リチウム電池モデル)

シルド

シルドルーフ

 

●主要諸元【シルドLX4W】【シルドLX4W Roof】

・全⻑/⾞幅/全⾼:1,450/620/1,100mm(シルドLX4W)、1,640/680/1,680mm(シルドLX4W Roof)
・本体重量(バッテリー含む):119kg(シルドLX4W・鉛電池モデル)、100kg(シルドLX4W・リチウム電池モデル
)、130kg(シルドLX4W Roof・鉛電池モデル)、111kg(シルドLX4W Roof・リチウム電池モデル)
・積載重量(貨物):90kg(シルドLX4W)、90kg(シルドLX4W Roof)
・最⼤乗⾞重量+貨物:175kg(シルドLX4W)、175kg(シルドLX4W Roof)
・最⾼速度:20km/h(⾼速モード)、15km/h(低速モード)
・⼀充電⾛⾏距離:40km
・バッテリー寿命:約300回(鉛電池モデル)、約600回(リチウム電池モデル)
・フル充電時間:約6〜8時間(鉛電池モデル)、約4〜6時間(リチウム電池モデル)

シルド4w

シルドルーフ4w

⾼齢者の交通事故と運転による認知症予防効果

75歳以上の免許保有者数は約513万⼈と、5年前と⽐べて約35万⼈も増加しており、今後も増加すると推計されています。⾼齢者は加齢によって、動体視⼒の低下や複数の情報を同時に処理することが苦⼿になったり、瞬時に判断する⼒が低下したりするなどの⾝体機能の変化によって、ハンドルやブレーキ操作に遅れが出ることがあるなどの特性が⾒られます。
また、認知機能の低下も懸念されており、運転免許証の更新の際に認知機能検査を受けた75歳以上の⾼齢者のうち約5.1万⼈は、認知機能が低下し認知症の恐れがある第1分類と判定されています。
このような原因により、75歳以上の運転者による交通死亡事故は、件数は10年間ほぼ横ばいで推移していますが、事故件数全体が減少する中で全体に占める割合は上昇し、平成28年は全体の13.5%を占めており、10年前の約2倍に増えています。特に、ブレーキとアクセルの踏み間違いによる死亡事故は、75歳未満では死亡事故全体の0.7%に過ぎないのに対し、75歳以上では5.9%と⾼い割合を⽰しています。また、事故の件数だけでなく、事故の⼤きさも⾼まっており、池袋の⺟⼦死亡事故のような痛ましい交通事故も増えています。
⼀⽅で、運転が難しくなり、運転免許を取り上げられたことで⾃動⾞で外出できなくなり、家にこもりがちとなる弊害もあります。認知症予防や認知症ケアに運転そのものが有効であったり、外出することで⽼化防⽌や認知症リスクを抑える効果も期待されています。⾃動⾞以外の安⼼な新しいモビリティが求められていると考えます。

今後について

警察庁の「多様な交通主体の交通ルール等の在り⽅に関する有識者検討会」の中間報告において、時速15km以下のモビリティは、運転免許が不要の「⼩型低速⾞」という区分とする提⾔が出されました。最⾼速度を時速15km以下に設定した電動ミニカーは、運転免許が不要で運転できる可能性もあります。現在でも免許返納によって、運転経歴証明書の交付や⾃治体等が特典を提供していますが、⽣活の⾜がなくなってしまうため、運転が危険な⾼齢者であっても仕⽅なく⾃動⾞の運転を続けている⽅も多いと思います。そのような⾼齢者に対して、新たな外出⼿段として電動ミニカーを提供できるかもしれません。また、運転免許が不要でも安全に運転する必要があります。⾃動⾞学校において電動ミニカーの運転を練習することで、安⼼して公道でも運転できるようになるのではと考えております。
また、⾼齢者の運転状況や難易度、外出する頻度や距離などの⽣活習慣などをふまえて、どのようなパーソナルモビリティが最適なのか検証する予定です。トヨタの⼩型電気⾃動⾞「C+pod(シーポッド)」、超⼩型EV「コムス」、スズキのセニアカー、WHILLなどの電動⾞いす、シニアカーなど、他にもホンダの電動バイク「EV-neo」、電動スクーター、電動カート、電動アシスト⾃転⾞、電動⾃転⾞、電動キックボードなど様々な⼩型モビリティがあります。それらを⾼齢者講習など⾃動⾞学校に来られる⽅々にアンケートを取り、⾃動⾞学校のコースを使⽤し、実際に試乗していただくイベント等も検討していきます。

【メディア関係者様へ】

メディア関係者様限定で、電動ミニカーに試乗することができます。
体験を希望される⽅はぜひご連絡ください。

お電話 092-581-2231/広報担当
メール 問い合わせフォームよりご連絡ください